Gluee株式会社による住宅・不動産業界特化のWEBマーケティング情報メディア

Gmag

2021.12.07

集客ノウハウ

サジェストとは?表示される仕組みや住宅会社向けの活用方法を紹介

サジェストとは?表示される仕組みや住宅会社向けの活用方法

自然検索からの流入を増やす目的で、多くの企業が記事コンテンツを作成しています。

 

しかし、なかなか自然検索流入数が伸びない場合は、ユーザーの検索ニーズをきちんと把握できていない可能性があります。

 

今回はコンテンツマーケティングに取り組む上で重要となるユーザーのニーズを、サジェストから汲み取る方法について詳しく解説します。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

サジェストとは

サジェストとは、検索エンジンで検索する際に、指定したキーワードとセットで検索される可能性が高いキーワードを提案してくれる機能です。

 

なお、Googleの場合はオートコンプリートと呼ばれ、Yahoo!では入力補助とも呼ばれます。

 

サジェストは、例えばGoogleで「注文住宅」と検索した際に、掛け合わせキーワードの候補が以下のように表示されます。

 

サジェストキーワード

 

サジェストキーワードが表示される仕組み

サジェストキーワードが表示される仕組みとは

 

サジェストに表示されるキーワードは、GoogleやYahoo!のアルゴリズムに準じて決定しているため明確なルールは非開示です。

 

しかし、基本的にはユーザーのニーズに近しい掛け合わせキーワードが表示される仕組みになっているため、作成する記事のキーワード選定ではサジェストを参考にすることで自然流入数を増やせる可能性が高まります。

 

では、サジェストが表示される仕組みについて詳しく見ていきましょう。

 

検索ボリュームが多いキーワード

検索ボリュームが多いキーワードは優先的にサジェストに表示されます。

 

検索ボリュームが多いということは、それだけ多くのユーザーがそのキーワードについて調べている可能性が高く、関連性の高いキーワードということになります。

 

Googleではユーザーの利便性を第一に考えてサジェストを表示させるため、関連性の高いキーワードは優先的にサジェストに表示されます。

 

ユーザー自身の検索履歴や位置情報

Googleアカウントにログインした状態で検索した場合、自分自身が過去に検索したキーワードに関連するキーワードや、検索した時点の位置情報を取得して適切なサジェストが表示されます。これらの機能のことをパーソナライズド検索と言います。

 

検索履歴をもとにしたサジェスト表示は、Googleのアルゴリズムが過去に検索した内容を記憶しており、その後検索する際の利便性を考慮して表示されるものです。位置情報も近隣にあるサービスや施設などの情報を優先的に表示させることで、ユーザーの利便性を向上させる目的があります。

 

検索履歴

 

上記の画像の場合、「注文住宅」の掛け合わせキーワードとして「注文住宅 失敗」、「注文住宅 相場」、「注文住宅 壁 クロス」がサジェストに表示されています。これは、検索回数や検索ユーザーに応じたものではなく、ユーザー個人が過去に検索したキーワードが表示されている例です。

 

なお、自分の検索履歴に関係しないサジェストを確認したい場合は、ブラウザのシークレットモードを利用するとよいでしょう。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

 

コンテンツマーケティングでサジェストキーワードが重要な理由

コンテンツマーケティングでサジェストキーワードが重要な理由とは

 

コンテンツマーケティングではユーザーのニーズを正確に把握し、そのニーズに対して適切なアプローチを行うことが最も大切です。

 

では、サジェストキーワードがコンテンツマーケティングで重要視されるのにはどのような理由があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

ユーザーがサジェストキーワードを活用する割合が高い

サジェストが重要視される理由として、ユーザーが検索する際に表示されたサジェストの中からキーワードを選んで検索する割合が高いことが挙げられます。

 

2020年8月にBACKLINKOで公開された調査結果では、検索者全体の23%がサジェストで表示される検索キーワードを利用していることがわかっています。

 

検索者全体の23%がサジェストで表示される検索キーワードを利用

引用:BACKLINKO「How People Use Google Search(New User Behavior Study)」

 

上記の通り、サジェストはユーザーの検索行動に大きな影響を与えていることがわかります。

 

ユーザーのニーズを把握できる

サジェストは前述の通り、「検索回数が多いキーワード」や「検索するユーザーが多いキーワード」が優先的に表示される仕組みになっているため、ユーザーの検索意図を把握する際にも役に立ちます。

 

例えば、「注文住宅」のキーワードで表示されるサジェストキーワードは「注文住宅 東京」、「注文住宅 相場」などがあります。この情報から最初にわかることは、注文住宅に関して検索するユーザーは東京に関することや、相場を調べている割合が多いということです。

 

「注文住宅」のキーワードで表示されるサジェストキーワード

 

ここからさらに「注文住宅 相場」などサジェストに表示されるキーワードの検索上位に表示されているサイトの内容を見ていきましょう。今回は例として「注文住宅 相場」の検索結果を調べてみました。

 

「注文住宅 相場」の検索結果

 

GoogleやYahoo!の検索結果はユーザーの閲覧履歴をもとに、検索キーワードでユーザーが知りたい情報が含まれたページを上位表示させる仕組みになっています。上位記事では、注文住宅の予算ごとの建築実例や注文住宅を建てるための相場などが説明されていることがわかります。

 

このことからも、サジェストを調べることでユーザーのニーズを具体的に知るヒントを得られることがわかります。

 

住宅会社がサジェストを活用して集客に繋げる方法

昨今住宅会社でもコンテンツマーケティングに取り組む企業が増えてきています。

 

ここでは、コンテンツマーケティングに取り組んでいる、もしくは実施を検討している住宅会社向けに、サジェストを活用した集客方法について詳しく解説します。

 

なお、住宅会社向けにコンテンツマーケティングについての基本を解説している記事はこちらです。

▶コンテンツマーケティングとは?基礎知識・運用ポイントや住宅会社の成功事例を紹介

 

自社サイトに盛り込むコンテンツの参考にする

自社サイトの各ページコンテンツに関連性の高いサジェストキーワードがある場合は、そのキーワードを含むコンテンツを各ページに追加することで、サイト全体が検索上位に表示されやすくなる可能性があります。

 

例えば、「注文住宅 東京」がサジェストキーワードにある場合、東京都内の注文住宅を取り扱っているハウスメーカー・工務店であれば、事例紹介のページに東京都内の施工実績をまとめたページを作るなどの工夫をする、という方法が考えられます。

 

この際に注意したいのが、サイトのカテゴリ名やタグでも「注文住宅 東京」のキーワードを意識して設定することです。そうすることで自社サイトが狙っているキーワードに関連性の高いページだとGoogleに認識してもらいやすくなります。

 

新規コンテンツのキーワード選定に活用する

自社サイトへの集客施策としてコラムやブログなどを運営している場合は、新規コンテンツを作成する際のキーワード選定にもサジェストが活用できます。

 

この場合は、コンテンツを読んでもらいたいターゲットが検索しそうなキーワードを予測し、予測したキーワードからキーワード候補を膨らませる段階でサジェストも候補に含める方法が一般的です。

 

サジェストも選定キーワード候補に入れることで、ユーザーのニーズに近しいキーワードを簡単に漏れなく選定できるでしょう。

 

新規コンテンツのキーワード選定の詳しい手順は以下で解説しています 。

▶SEOのキーワード選定の基本ステップ|ハウスメーカー・工務店で押さえておきたい選定ポイント

 

記事をリライトする場合の参考にする

過去に作成した記事の検索順位が上がらない場合や、検索順位がいつの間にか下がってしまった記事などをリライトする(書き直す)場合もサジェストは活用できます。

 

作成した記事の検索順位が上がらない、または下がってしまう場合はコンテンツに盛り込むキーワードや内容とユーザーが求めている情報がマッチしていない可能性があります。

 

この際に、本来狙っていたキーワードに表示されるサジェストキーワードからユーザーのニーズを読み取り、コンテンツを書き換えることで検索順位の改善を狙いましょう。

 

また、書いた内容とユーザーの検索意図が大きくずれている場合は、過去の記事を書き直すのではなく新しいコンテンツを新たに作成する方法も手段の一つです。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

 

サジェスト汚染に注意する

サジェスト汚染とは

サジェストはコンテンツマーケティングを実施する上で重要な指標になることをこれまで説明してきました。

 

一方で、サジェストは企業にとってはネガティブな情報や印象が広がってしまうリスクもある機能ということも覚えておく必要があります。 サジェストには自社サービスや企業名を検索した際に、「質が悪い」「しつこい」「押し売り」「不具合」などのネガティブなキーワードが表示される可能性があります。

 

このように企業イメージが下がってしまうキーワードがサジェストに表示されることを「サジェスト汚染」と言います。 サジェスト汚染はユーザーがSNSで投稿したネガティブな内容や発言が、爆発的に拡散されることで起こる現象です。一度サジェストに表示されてしまったワードはすぐに削除することは非常に困難です。

 

サジェスト汚染の解決方法

サジェスト汚染が起きた際には、検索結果元のネガティブな投稿を削除することは実質不可能です。しかし、サジェスト自体に表示されることは以下の2つの対策で解決できる可能性があります。

 

Googleにサジェストキーワードの消去依頼を出すこと

Googleに表示されているサジェストキーワードの消去依頼を出すことで、ネガティブなサジェストキーワードを表示を消去できる可能性があります。

 

しかし、Googleとしては企業のネガティブな情報であっても削除する義務はないため、必ずサジェスト汚染が解決できるとは限りません。

 

長い期間をかけて企業イメージの改善に努めること

サジェスト汚染の内容が事実と異なる場合は、企業として毅然とした態度で発信者に抗議するなどの方法も考えられます。しかし、もし事実である場合は長い期間をかけて企業イメージの改善に取り組むことが大切です。

 

ハウスメーカー・工務店のコンテンツマーケティングはGlueeへ

サジェストは検索ボリュームや検索するユーザーが多いキーワードが選ばれる傾向があるため、ユーザーのニーズを捉えた記事コンテンツを作成するために参考にすべき機能です。

 

また、過去に作成したコンテンツの順位が下がってしまった場合などには、サジェストを見ながらユーザーニーズの変化を読み取りリライト作業を行うことで、コンテンツの価値を維持できるでしょう。

 

私たちGluee株式会社は、年間棟数約400棟の設計事務所であるフリーダムアーキテクツのマーケティング部から独立した、住宅業界専門のマーケティング支援会社です。

 

もしハウスメーカー・工務店のWebマーケティングでサジェストをうまく活用したい場合やサジェスト汚染対応をしたい場合は、ぜひ一度Gluee株式会社へご相談ください。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

関連する記事

集客ノウハウ

工務店・ハウスメーカーが取り組むべきブランディングとは|メリットや施策について徹底解説

集客ノウハウ

リスティングとSEOの違いや使い分けは?住宅会社向けに活用方法を徹底解説!

集客ノウハウ

サジェスト汚染とは?Google・Yahoo!のサジェスト削除方法を住宅会社向けに解説

すべての記事を読む