Gluee株式会社による住宅・不動産業界特化のWEBマーケティング情報メディア

Gmag

2022.01.04

集客ノウハウ

Googleビジネスプロフィールとは?登録方法から住宅会社が活用するコツまで徹底解説

Googleビジネスプロフィールとは?登録方法から住宅会社が活用するコツ

Googleマップを自社のビジネスに活用したいと調べている際に、GoogleマイビジネスやGoogleビジネスプロフィールという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

 

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)はGoogleサービス上に自社の店舗を登録し、情報を更新する際に利用するツールです。

 

今回は、MEO施策に欠かせないGoogleビジネスプロフィールの登録方法や活用のコツを詳しく解説します。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

目次

Googleビジネスプロフィールとは

Googleビジネスプロフィールとは何か
GoogleビジネスプロフィールとはGoogle検索やGoogleマップ上に自社店舗を登録し、自然検索結果やGoogleマップの検索結果で自社の正しい店舗情報を表示できる無料ツールです。

 

つまり、Googleマイビジネスを利用して店舗情報を登録することで、Googleマップや自然検索で自社サービスに近しい情報を検索したユーザーに店舗情報を届けることが可能となり、集客効果の向上に繋げられます。

 

GoogleマイビジネスがGoogleビジネスプロフィールに名称変更

Googleビジネスプロフィールは2021年11月4日に旧名称である「Googleマイビジネス」から名称が変更されました。GoogleマイビジネスとGoogleビジネスプロフィールの情報が混在していますが、いずれも同じ用途のツールであることを理解しておくと混乱しないでしょう。

 

なお、Googleからの公式発表は以下のページで確認できます。
Googleビジネスプロフィール ヘルプ「ビジネス プロフィールの新たな更新について

 

GoogleマイビジネスとGoogleビジネスプロフィールの変更点

GoogleマイビジネスがGoogleビジネスプロフィールに名称変更されたのに伴い、一部の機能もアップデートが行われています。

 

Googleマイビジネスでは専用のスマートフォンアプリを利用して店舗情報などの更新を行う仕様でしたが、GoogleビジネスプロフィールではGoogle検索結果やGoogleマップ上でオーナー自身が直接店舗情報の更新や登録が可能となりました。そのため、オーナー認証ができていれば場所や端末を選ばずに店舗情報を変更できるメリットが大きな変更点です。

 

この変更に伴い、2022年にはスマートフォンアプリの提供も終了する予定となっているため、現在Googleマイビジネスのアプリで店舗情報を更新している場合は新しい更新方法に今から慣れておくことをおすすめします。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

 

Googleビジネスプロフィールの検索結果での表示のされ方

Googleビジネスプロフィールの検索結果での表示

 

では、Googleビジネスプロフィールを利用して店舗情報を登録した場合、どのように検索結果で表示されるかを紹介します。

 

Googleビジネスプロフィールで登録した店舗情報は主にGoogle検索結果とGoogleマップに反映されますので、それぞれの表示について確認していきましょう。

 

Google自然検索での表示のされ方

Googleビジネスプロフィールで店舗登録している場合、Googleの自然検索で店舗名や関連する用語を調べると検索結果に直接店舗情報が表示されます。

 

まずは店舗を特定する名称で検索した場合の表示方法を見ていきましょう。例えば、弊社Gluee株式会社について知りたいと思ったユーザーが、「Gluee」と固有名詞を直接検索窓に入力したとします。その場合、以下のような表示になります。

 

指定_自然検索

 

このように、固有名詞を入力した場合は検索結果の右欄に店舗の詳細情報が大きく掲載されます。 また、固有名詞など特定の店舗を指定した検索ではなく、「工務店」など大きなジャンルで検索した場合でもGoogleビジネスプロフィールの情報は表示されます。この場合、関連性の高い店舗の上位3位が優先的に表示される仕組みです。

 

不特定_自然検索結果

 

上記は港区で「工務店」を検索した場合の検索結果です。Googleビジネスプロフィールは検索しているエリア情報を踏まえて、近隣にある関連性の高い店舗が表示される点も覚えておきましょう。

 

Googleマップでの表示のされ方

次にGoogleマップではどのように表示されるかを見ていきましょう。 Googleマップ上でも、固有名詞を検索した場合とそうでない場合では店舗情報の表示のされ方が異なります。

 

例えば、Googleマップ上で「Gluee」などの固有名詞を検索すると、検索結果の左側の欄に店舗情報が細かく表示されます。

 

Gmap検索_指定

 

一方、「工務店」など店舗を特定しない検索ワードの場合、該当するジャンルの店舗が左側の欄に複数表示されます。

 

Gmap検索_ジャンル

 

このようにGoogleマップでも検索するキーワードやエリアによって、表示される店舗が異なることを覚えておくといいでしょう。

 

Googleビジネスプロフィールを利用したMEOの重要性

Googleビジネスプロフィールを利用したMEOの重要性とは

 

Googleビジネスプロフィールを活用して店舗情報を検索結果で表示されることは、重要な集客施策のひとつです。

 

このように、マップ情報を活用して自社店舗への集客を図る取り組みのことをマーケティング用語ではMEOと言います。

 

現在ではMEO施策は主にGoogleマップ上で対策を実施することを指しますが、Googleビジネスプロフィールを利用してMEOに取り組む必要性はどこにあるのでしょうか。Googleマップの利用者数や活用する意義について詳しく見ていきましょう。

 

MEOとは

MEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップなどの地図ツール上で自社店舗が検索上位に表示されるよう最適化を図る取り組みを指します。

 

具体的には地図ツールの機能を利用して自社店舗を地図上に登録し、営業時間やサービス内容(メニューなど)の情報を設定することで、マップ上で関連ワードを検索した来店見込みの高いユーザーに自社店舗の情報を表示し、来店を促す施策を指します。

 

現在MEOを取り組む地図ツールの主流がGoogleマップとなっており、MEOに取り組むことはGoogleビジネスプロフィールを活用したMEO施策を実施することと同義と言っても過言ではありません。

 

なお、MEOについては以下の記事で詳しく解説しています。

▶展示場や相談会の集客に効果!MEOとは?SEOとの違いや住宅会社向けの対策方法を徹底解説

 

Googleマップの利用者数

MEOに取り組む際にGoogleビジネスプロフィールを活用する方法が主流となっているのは、Googleマップの利用者数の多さにあります。

 

2020年7月に発表されたニールセンによる調査では、Googleマップの月間利用者数は4,717万人という調査結果が出ており利用者数の多さが伺えます。

 

2020年5月Monthly Totalレポート トータルデジタル利用者数TOP5 地図・旅行情報カテゴリー出典:ニールセン「ニールセン、デジタルコンテンツ視聴率のMonthly Totalレポートによる地図・旅行情報カテゴリーのメディア利用状況を発表」より

 

また、Googleマイビジネスを活用した店舗集客の支援事業に取り組んでいる株式会社エフェクチュアルの2021年3月の調査では、利用したことのある地図アプリでGoogleマップが圧倒的な1位を獲得しています。さらに、2019年の調査と比較してもGoogleマップの利用率は高まっていることがわかります。

 

使ったことがある地図アプリを教えてください出典:株式会社エフェクチュアル「【2021年版 定点調査】地図アプリ利用率1位はGoogleマップ!エフェクチュアルが地図アプリの利用トレンドをレポート」より


上記の調査結果から分かる通り、日本国内でMEOを実施する場合には利用者数が増え続けているGoogleマップで行うことで、より多くのユーザーにアプローチできることがわかります。

 

MEOに取り組むことで得られる効果

スマートフォンが急速に普及した昨今では、店舗へ来店する前にGoogleマップなどの地図ツールを活用して事前に情報収集する動きが一般的になってきました。

 

株式会社エフェクチュアルの調査では、Googleマップなどのツールを利用して店舗までの経路や距離を事前に確認したり、地図ツール経由で店舗のウェブサイトへ遷移し詳しい内容をチェックしたりする動きが増加していることがわかります。

 

どのような目的で地図アプリを使いますか

出典:株式会社エフェクチュアル「【2021年版 定点調査】地図アプリ利用率1位はGoogleマップ!エフェクチュアルが地図アプリの利用トレンドをレポート」より

 

このことからも、MEOに積極的に取り組むことは、ユーザーの事前の情報収集のタイミングで自社店舗の詳細情報を共有することにつながり、結果として来店率を高められる施策であることがわかります。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

 

Googleビジネスプロフィール枠で上位表示される仕組みと登録方法

Googleビジネスプロフィール枠で上位表示される仕組みと登録方法とは

 

Googleビジネスプロフィールで店舗登録をすると、Googleの自然検索やマップ上の検索結果に自社店舗が表示されます。

 

しかし、近隣に競合店舗が多い業種の場合は、競合他社よりもGoogleビジネスプロフィールで高い評価を獲得しなければ検索結果の上位には表示されません。

 

ここでは、初めてGoogleビジネスプロフィールを活用する企業向けに上位表示される仕組みと、登録方法について紹介します。

 

Googleビジネスプロフィールの評価基準

Googleビジネスプロフィールは大きく3つの評価軸があります。

 

・関連性:情報の更新頻度、情報の正確性、適切な対応
・距離:検索エリアとの距離
・知名度:店舗の認知度(オンライン・オフラインどちらも)

 

関連性は上位表示の評価軸としては最も重視されているポイントで、Googleビジネスプロフィールに掲載されている情報の精度や更新頻度、口コミへの対応などが評価されるものです。

 

距離は検索したユーザーがいる地域との近さを表すものです。裏を返せば近くにいるユーザーに優先的に表示されるため、来店見込みの高いユーザーにのみ店舗情報が表示されることになります。

 

知名度は、オンラインとオフライン双方の店舗知名度です。具体的な評価基準は公開されていませんが、新店舗よりも老舗の方が上位に上がりやすい仕組みだと理解するといいでしょう。また、この知名度はGoogleビジネスプロフィール上の口コミ数も評価に影響します。

 

Googleビジネスプロフィールの登録方法

次にGoogleビジネスプロフィールの登録方法を紹介します。まだ登録を行っていない場合は、以下の手順にそってまずは店舗登録を行うことがMEOの出発点です。詳しく見ていきましょう。

 

1.登録に必要な事前準備

Googleビジネスプロフィールで店舗登録を行うためには、Googleのアカウントが必要です。

 

もし、Googleアカウントを持っていない場合は、Googleアカウント作成ページから、アカウントを新規で作成しておきましょう。

 

2.Googleマップ上で自社の店舗が登録されているか確認する

次にGoogleマップ上に自社店舗の登録があるかを確認します。

 

Googleビジネスプロフィールで管理していない場合でも、有名店などであればGoogle側が任意で店舗を表示させるよう登録を行っている場合があり、この場合は新規で店舗登録をせずに、すでに登録されている店舗情報に対して「オーナー認証」を行うことで、Googleビジネスプロフィールを活用できるようになります。

 

3.店舗が未登録の場合:店舗を新規登録する

Googleマップ上に自社店舗が表示されない場合は、Googleビジネスプロフィールを使用して店舗を新規登録しましょう。店舗をGoogleマップ上に登録する手順は以下の通りです。

 

1.Googleビジネスプロフィールにアクセスする
2.ビジネスカテゴリを選択する
2.店舗住所を入力する
3.Googleマップでマーカーを配置する
4.ナレッジパネルに表示する情報を入力する

 

上記の作業が完了したらGoogleマップ上で店舗が表示されるようになります。

 

4.Googleビジネスプロフィールの基本情報を設定する

店舗がマップ上に登録された状態だけでは、店舗の詳細情報が表示されずユーザーへ届ける情報としては不十分な状態です。営業時間やメニューなど店舗に関わる基本情報をGoogleビジネスプロフィールから設定していきましょう。

 

マイビジネス

 

なお、2021年11月のアップデートで、これらの店舗情報の更新はGoogleマップ上で完結できるようになりました。自社店舗の情報を更新したい場合は、上の画像のようにGoogleマップやGoogle検索で自社店舗名を検索し、検索結果画面から編集が可能です。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

 

Googleビジネスプロフィールに登録するメリット

Googleビジネスプロフィールに登録するメリットとは

 

ここからはGoogleビジネスプロフィールに登録することで得られるメリットを解説します。

 

Googleビジネスプロフィールは特に実店舗がある業態やサービスにとって、近隣のユーザーに対するアプローチに有効です。詳しく見ていきましょう。

 

Googleマップ上で店舗の正しい情報を表示できる

近年、ユーザーが目的の店舗へ来店する際にはお店までの経路や営業時間などをGoogleマップ上で調べる動きが主流となっています。Googleマップに自社店舗の正しい情報を掲載することは、ユーザーへ店舗の正しい情報を伝えることにもつながります。

 

裏を返せば、Googleビジネスプロフィールで自社店舗の情報を正確に管理していないと、店舗の位置がGoogleマップ上で正しく表示されなかったり、営業時間が間違って掲載されてしまったりするため、来店するはずだったユーザーを逃してしまうリスクもありますので気を付けましょう。

 

無料で集客ができる

Googleビジネスプロフィールでの店舗管理は、専門会社に委託することも可能ですが、ある程度のITリテラシーがあれば自社で管理が可能なツールです。そのため、SEOやWeb広告と違い外注費用をかけずに管理し顧客の集客を期待できる点もメリットのひとつです。

 

なお、専門会社にGoogleビジネスプロフィールの設定を委託する場合でも、一般的には初期設定のみ委託する場合が多く相場は10万円以下と安価であることも魅力です。

 

口コミを通してユーザーの意見を収集できる

Googleビジネスプロフィールで店舗情報を登録すると、ユーザーはGoogleマップに自由に店舗の口コミを書き込んだり評価したりすることが可能です。来店した顧客視点での店舗の良さや改善点などリアルな意見を収集できる点も大きなメリットでしょう。

 

口コミはユーザーが自由に書き込めるため、必ずしも良い評価ばかりではありません。しかし、厳しい意見もアドバイスとして受け取り店舗の改善に反映ていくことで成長するチャンスにもなりますし、口コミに丁寧な返信をすることで逆にユーザーに好印象を与えることもできます。

 

店舗の魅力をGoogleマップ上で発信できる

Googleビジネスプロフィールには、店舗の基本情報だけではなく動画や写真を投稿する機能や、キャンペーンやイベントを告知する機能が備わっています。

 

自社店舗の魅力やおすすめポイントをGoogleマップ上でユーザーにアピールすることが可能です。

 

Googleビジネスプロフィールの機能

Googleビジネスプロフィール機能とは

 

Googleビジネスプロフィールには先述したとおり、店舗の基本情報を表示する以外にもさまざまな機能があります。

 

ここでは、Googleビジネスプロフィールにある機能について紹介します。

 

店舗基本情報の記載

Googleビジネスプロフィールでは、店舗の所在地や営業時間、電話番号、Webサイトへのリンクなど基本的な情報を設定することが可能です。

 

これらの情報を実態に合わせて更新することで、来店意向のあるユーザーが自発的に店舗情報を検索し営業時間を把握した上で来店したり、質問がある場合にGoogleマップに掲載されている電話番号から問い合わせしたりするなどの行動につながります。

 

イベント情報などの投稿

Googleビジネスプロフィールでは、店舗で開催されるキャンペーンや、イベントをはじめとしてクーポン情報などタイムリーな情報を掲載できます。

 

これらの情報をGoogleマップ上に表示させておくことで、実施中のキャンペーンをリアルタイムにユーザーに届けることが可能です。

 

動画・写真の掲載

動画や写真もGoogleマップ上に掲載が可能です。例えば、注文住宅の展示会の様子を動画でアップしておくことで、迷っている見込み顧客に対して展示会の雰囲気を伝えられれば、来場する後押しにつながる可能性もあります。

 

また、自社の商品の写真をGoogleマップ上に掲載することで、自社の商品が好みに合うユーザーが来店しやすくなり、購入する確率の高い顧客の来店率が高まります。

 

商品情報の掲載

商品情報の掲載は、写真や動画を用いて実施できます。

 

また、店舗の外観や内観も写真で掲載が可能なため、商品のメニューや価格帯、お店の雰囲気などを写真や動画で掲載しておくことで、あらかじめどのような価格帯でどのような雰囲気のお店かをユーザーが確認する際に役立ちます。

 

口コミ・メッセージ機能

来店したユーザーが任意で口コミを書き込み、その口コミに対して店舗側から返信する機能もあります。

 

また、Facebookページや店舗のメールアドレスをGoogleビジネスプロフィール上で設定しておくことで、ユーザーがGoogleマップ上から直接店舗にメッセージで問い合わせも可能です。

 

インサイトの確認

Googleビジネスプロフィールでは、自社店舗の情報にアクセスしたユーザー数や経路を確認したユーザーのアクセス状況を確認できる分析ツールも備わっています。

 

これらの情報を分析することで、自社店舗に興味のあるユーザーが気になっている内容を知る機会になり、店舗改善に役立てられるでしょう。

 

ウェブサイトの作成

「Googleウェブサイトビルダー」を利用することで、Googleビジネスプロフィールに記載した内容を元に、簡易的なウェブサイトを作成が可能です。

 

もし店舗のウェブサイトを制作していない場合などは利用すると便利でしょう。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

 

ハウスメーカー・工務店がGoogleビジネスプロフィールで集客するコツ

ハウスメーカー・工務店がGoogleビジネスプロフィールで集客するコツとは

 

Googleビジネスプロフィールは、ハウスメーカーや工務店で開催している相談会や展示会場への集客に活用できます。

 

Googleマップ上で展示会や相談会の情報を表示させることができれば、ユーザーが近隣の展示会・相談会を探している際にリアルタイムでアプローチできるため、検討意向の高い見込み顧客の囲い込みに有効です。

 

ここでは、ハウスメーカーや工務店でGoogleビジネスプロフィールを活用する際に有効な、集客のコツについて詳しく解説します。

 

NAP情報を他のサイトと統一する

Googleビジネスプロフィールでは、設定している店舗情報の正確性も評価基準となるため、NAP情報が他サイトと整合性が取れていることが大切です。

 

NAP情報とは以下の3つの要素です。
・会社名/店舗名(Name)
・住所(Address)
・電話番号(Phone)

 

Googleビジネスプロフィールで他の競合店舗よりも検索結果の上位に表示させるためには、自社のWebサイトと情報が一致していること、SNSなどを運用している場合は、それらの情報とも情報を一致させておくことが大切です。

 

ビジネスカテゴリを過不足なく設定する

ビジネスカテゴリとは、Googleビジネスプロフィール上で自社店舗のジャンルを選択する項目です。

 

このビジネスカテゴリはメインカテゴリを1つ、サブカテゴリは9つまで選択が可能です。カテゴリを選択する際は、自社店舗に関連性の高いカテゴリを過不足なく設定するよう心がけましょう。

 

もし、関連するカテゴリを選択していない場合は、ユーザーが来店する際に店舗を見つけられず機会損失の可能性があり、関連性の低いカテゴリを無理に選択している場合はGoogle評価が下がり上位に表示されなくなります。

 

店舗基本情報や写真コンテンツを充実させる

店舗の基本情報や写真コンテンツを充実させることも効率的に集客効果を高めるポイントです。

 

ユーザーはGoogleマップなどで店舗情報を事前に確認することで安心して店舗に来店しやすくなります。 写真や動画で店内の様子やメニューのラインナップ、スタッフの人柄がわかる情報を掲載することでユーザーに安心感や親近感を抱いてもらう工夫を行いましょう。

 

最新の情報を保つよう管理する

Googleビジネスプロフィールで公開する情報は常に最新であることが大切です。

 

例えば、実態としては定休日であるはずの日がGoogleビジネスプロフィール上では営業日となっていると、Googleマップを頼りに来店したユーザーが不快な思いをする原因になってしまいます。

 

このような事象が起きてしまうと、ユーザーとしてはいつ店舗が営業しているか判断できなくなり客離れにつながってしまうでしょう。そのため、情報は常に最新に設定しておくことが何より大切です。

 

Googleビジネスプロフィールを活用して住宅会社の集客効果を高めましょう

Googleビジネスプロフィールに自社店舗を登録することで、Googleマップで店舗を検索しているユーザーに正しい情報を伝えるツールとして活用できます。

 

住宅会社で活用する場合は、展示会会場や自社の相談会の情報をGoogleビジネスプロフィールに登録することで、検討意向の高い見込み顧客を効率的に集客できる可能性が高まります。

 

Googleビジネスプロフィールを活用してみたいけれど、設定方法や運用リソースに不安がある場合はぜひGlueeへご相談ください。

 

Gluee株式会社は、年間棟数約400棟の設計事務所であるフリーダムアーキテクツのマーケティング部から独立した、住宅業界専門のマーケティング支援会社です。Googleビジネスプロフィールの使い方や登録方法をはじめとして、Webを利用した集客に関する施策を丁寧に提案させていただきます。

 

Web集客による獲得数260%UP 自社サイト集客の方法

 

関連する記事

集客ノウハウ

工務店・ハウスメーカーが取り組むべきブランディングとは|メリットや施策について徹底解説

集客ノウハウ

リスティングとSEOの違いや使い分けは?住宅会社向けに活用方法を徹底解説!

集客ノウハウ

サジェスト汚染とは?Google・Yahoo!のサジェスト削除方法を住宅会社向けに解説

すべての記事を読む