Gmag

お役立ち情報

トップページに記載するべきコンテンツ

2021.03.26

Webサイトのトップページ

Webサイトのトップページは、訪問者の第一印象を決める存在であり、
いわばサイトの顔だと言えます。

もちろん、見た目を意識することも大切ですが、 SEO対策も忘れてはいけません。

 

トップページで使うべきキーワードとは?

Webサイトの玄関でもあるトップページ。
基本的にアクセスが一番多いのが、このトップページです。

デザインに拘り、意識することも大切です。
しかし、SEOの観点から見た場合、 重要なのはデザインよりも、使用するキーワードです。

もし、Webサイトの制作やデザインを外注する場合でも
メインのキーワードを制作会社に伝えておく必要があります。

では、SEOの観点から見た際に、 トップページで使うべきキーワードとは何なのでしょうか?

画像だけではなくテキストもしっかり盛り込む

先述した通り、トップページはWebサイトの顔です。

Webサイトの顔、というワードだけを聞くと、
中身よりも見た目がわかりやすいことが大切なのでは?
と思われる方が多いのではないでしょうか。

文章をたくさん盛り込むと、 デザイン的にごちゃごちゃしてしまい美しくない、
と感じてしまいますが
サイトを巡回しているGoogleのロボットが拾うのは、
画像やデザインなどではなく、テキストを重点的に拾っていきます。

SEO対策をしっかりしたい、と思われる場合は
テキストの表記を入れなければせっかくのトップページが 無駄になってしまうことになりかねません。

メッセージを厳選してメッセージを伝えよう

たくさんのサービスや製品を扱っているWebサイトでよく起こり得るのが
「色々取り扱っているけれど、結局のところ何屋さんなのだろう?」
と訪問者に伝わらないことです。

「自分の探しているものは無いのでは?対応してもらえないかも。」
と、別のサイトに移動してしまうパターンも考えられます。

せっかくWebサイトにまで訪問してくれたお客様を逃してしまうことは、
もったいないことですよね。

何度も利用しているリピーターはそのWebサイトがどのようなもので、
何を扱っているかをわかっていますが、 初訪問者はそうではありません。

読み込まないとわからないページよりは、
パッと一目で何を扱っているのかわかりやすくメッセージを記すことが大切です。

様々なサービスを取り扱う大手企業でも 全てを羅列することなく、
主力サービスのみをメインに打ち出しています。

もちろん、自社の取り扱う全ての商品やサービスが 魅力であり、
宣伝したいと思うことは当然ですが、
その中でも何が主力サービスなのか、
ひとつに絞ってメッセージを打ち出すことは、 勇気のある決断だといえるでしょう。

わかりやすいリンクの書き方

被リンク(他のWebサイトにリンクを貼ってもらうこと)も、
SEOの重要な要素の一つです。

リンクされるときに、
「自分Webサイトがどのようなリンクを貼られるか」
を考えてみましょう。

例えば、「Glueeハウス」という工務店名だった場合、
名前だけで、どのような会社かを判断することは難しく、
「Glueeハウスはこちら!」というリンクがあったとしても 詳しいことが何もわからず、
あまりクリックしてみたいとは思いません。

しかし、 「●●市で注文住宅を建てるならGlueeハウス」と書かれていれば
どこで何をしている会社なのかがわかりやすくなり、
その土地で注文住宅を考えている人が、 クリックし、Webサイトへの訪問が見込めるでしょう。

リンクを貼ってもらう際も、このような書き方をした方が アクセス数の向上に繋がります。

また、SEOの観点からも、キーワードを含んだ言葉でリンクした方が 効果的だといえます。

SEO対策やWebページ制作にお悩みでしたら、
住宅会社のコンサルティングに特化した、Gluee株式会社にご相談ください。

関連する記事

お役立ち情報

コンテンツの質を向上させるためのコツ

お役立ち情報

Googleがモバイルファーストインデックスに完全移行

お役立ち情報

オフライン集客の対策と傾向

お役立ち情報

見出しタグの種類と書き方

すべての記事を読む