Gluee株式会社による住宅・不動産業界特化のWEBマーケティング情報メディア

Gmag

2021.07.27

集客ノウハウ

リスティング広告の仕組みを徹底解説!住宅会社での効果的なやり方も紹介

Webマーケティングに取り組んでいる際に「リスティング広告」という言葉を耳にしたことがあるものの、どんな広告かがいまいちわからないという方もいるのではないでしょうか。

 

実はリスティング広告は住宅会社のマーケティングに効果的な広告手法のひとつです。今回はその仕組みや運用のコツを紹介します。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは「検索連動型広告」のこと

リスティング広告は別名で「検索連動型広告」と言います。リスティング広告(検索連動型広告)とは、検索エンジンでユーザーが特定のキーワードを検索した際に、画面上に表示されるテキスト形式の広告のことを指します。リスティング広告は以下画像のように自然検索結果よりも上に表示される点も特徴です。

 

 

 

リスティング広告の掲載場所はYahoo!とGoogleが代表的

リスティング広告の掲載場所で代表的なのは、GoogleとYahoo!です。日本ではこの2つの検索エンジンが全体の9割を占めているため、この2つの検索エンジンにリスティング広告を掲載することで日本のユーザーのほとんどにアプローチできると考えられています。

 

 

自然検索(SEO)とリスティング広告の違いは?

検索結果には、リスティング広告と自然検索結果が表示されます。この2つの大きな違いは、「掲載者側にとって掲載が有料か無料か」です。

 

リスティング広告は掲載料金をGoogleに支払うことで、指定した検索キーワードの検索結果に表示することができます。また、入札単価を調整することで、掲載位置もある程度調整ができるため意図したキーワードで、意図した掲載位置にすぐに反映されます。 一方、自然検索を意図するキーワードや検索上位に表示するにはGoogleのアルゴリズムの評価を高める必要があり時間がかかります。よってSEOは掲載に料金はかからないものの、リスティング広告に比べて即時的に意図するキーワードや掲載位置の反映は難しい傾向があります。

 

 

リスティング広告の料金システム|2つのポイント

 

リスティング広告は掲載するにあたり、掲載料金をGoogleに支払う必要があります。掲載料金はクリック課金かつオークション入札型で決定されるため、これらの仕組みを理解して適切な予算を設定することが大切です。

 

 

1.クリック課金制広告

リスティング広告の料金システムは「クリック課金制」を採用しています。クリック課金制とは、ユーザーが広告をクリックして初めて広告料金が発生するもので検索結果に表示されただけでは料金が発生しないのが特徴です。

 

クリック課金制の場合、掲載料金の合計はクリック数×クリック単価で算出できます。リスティング広告はクリック単価も変動します、どのように単価が決まるのかを次で詳しく説明します。

 

 

2.オークション入札型

リスティング広告のクリック単価は「オークション入札型」という仕組みで決定します。これは、自社の入札価格と同時に入札している他社の価格を比較して、最も高い価格で入札する会社の広告を上位に表示させる仕組みです。

 

実際には、これに品質スコアを掛け合わせて掲載順位が決定しますが、これは次の章で説明します。

 

 

リスティング広告は入札価格と広告の品質で評価される

リスティング広告での掲載順位は、単純な入札価格だけではなく広告の品質も鑑みて評価されます。この仕組みを覚えておくことで、広告単価が他社より安くても上位に掲載される可能性を探ることができます。

 

リスティング広告は「入札単価」と「品質スコア」を掛け合わせた数値で「広告ランク」が決定します。この広告ランクの数値が高い順に掲載順位が決定します。 品質スコアとは、広告の内容と指定したキーワードおよびランディングページの品質が高く、ユーザーのニーズを満たせているかどうかで決定する数値です。この評価は検索エンジン独自のアルゴリズムで分析され、決定します。 この品質スコアが高いと、下表のA社のように入札単価が他社より安くても掲載位置が上位に表示される可能性が高まります。

 

入札上限単価 品質スコア 広告ランク 掲載順位
A社 80 × 10 800 1位
B社 100 × 7 700 2位
C社 150 × 4 600 3位

 

 

リスティング広告のメリットとデメリット

リスティング広告は他の運用型広告同様に、コントロールできる要素が自然検索よりも多いなどのメリットがあります。一方でデメリットもあるため、運用を行う前に把握しておくことが大切です。

 

 

メリット

リスティング広告の出稿は比較的少額から始められる点がメリットのひとつです。また、狙いたい検索ワードに掲載することができるので即効性のあるマーケティング手法ということも魅力でしょう。結果がすぐに現れるため広告の内容や指定キーワードの改善もすぐに対応でき、成果を上げるためのPDCAを効率的に回せる点もメリットです。

 

 

デメリット

デメリットのひとつは、運用型広告は成果を上げるいわば「勝ちパターン」を見つけるためにあらゆるキーワードや広告を常にテストし続ける必要があり、運用の手間がかかる点です。専門の運用代行会社がいるほどですので、初めてリスティング広告を出稿する場合は専門家に相談することもひとつの選択肢として持っておくことをお勧めします。

 

 

リスティング広告に必要な費用は?

リスティング運用費用の相場

リスティング広告は最低1,000円から開始できる運用型広告です。しかし、予算を低く設定すると先述した通り広告ランクが上がりにくく、効果的な広告運用ができない可能性があります。

 

初めてリスティング広告を行う場合は、月10万円〜30万円程度の費用で運用を開始し、成果が見えてきたら予算を増やすと効率的と言われています。

 

 

リスティング広告の費用の決め方

施策に合わせてより具体的な予算を設定したい場合の基本的な算出方法は大きく分けて2つあります。

 

1つは、目標とするコンバージョン単価とコンバージョン数を決めることです。獲得コストを算出できれば、以下の計算式で必要な予算が導き出せます。

(コンバージョン単価)×(コンバージョン数)=広告予算

 

2つ目の方法はクリック単価の相場と獲得したいクリック数から算出する方法です。クリック単価は設定するキーワードやターゲティングによって変動するため、実際の管理画面上で予定しているキーワードやターゲティングを入れて相場感を確認するとよいでしょう。

 

 

リスティング広告を住宅会社が運用する際のポイント

 

リスティング広告はハウスメーカー・工務店のマーケティング施策としても有効な手段です。ここでは、運用する際に押さえておくべきポイントを紹介します。

 

 

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードとは、複数語の組み合わせからなる検索ボリュームが少ないキーワードを指します。 単一のキーワードと比較すると、ロングテールキーワードは検索回数自体は少ないものの、コンバージョン率が高いという特徴があります。

 

例えば、「注文住宅」単体のビッグキーワードを狙うよりも、「注文住宅 〇〇県 モデルハウス」など購買意向が高いユーザーが検索するロングテールキーワードを見つけ出し、リスティング広告を設定することで効果的な運用ができます。

 

 

ターゲティングを絞る

狙いたいユーザーターゲティングが限定されている場合は、ターゲティングを絞ることも有効です。ターゲティングを設定すると、指定したキーワードを検索したユーザーのうち狙いたいターゲティングユーザーのみに広告が配信されます。

 

ここで注意が必要なのは、細かくターゲットを設定しすぎると広告を表示できるユーザーの絶対数が少なくなってしまうため、検索キーワードのボリュームとのバランスを見ながら設定することが大切です。

 

 

マッチタイプを使い分ける

マッチタイプとは、検索キーワードに対して広告を掲載する範囲を設定するものです。 大きく分けて3つの種類があるため、それぞれがどのような範囲設定になるかを理解し設定しましょう。 また、マッチタイプには今まで「絞り込み部分一致」という設定範囲がありましたが、2021年7月より「フレーズ一致」に統合されています。

 

完全一致 設定したキーワードと検索キーワードが完全一致している場合や、類似パターンに該当する場合に表示される。
フレーズ 一致 設定したキーワードの前後に違うキーワードが加えられている場合や、設定したキーワードの間に別のキーワードが加えられている場合に広告が表示される。また、語順が異なる場合でも広告が表示される。
部分一致 設定したキーワードに関連する検索キーワードにも広告が表示される。

 

 

ハウスメーカー・工務店のリスティング広告運用代行はGlueeがおすすめ

リスティング広告はキーワードの設定や運用方法によって結果が大きく左右されるマーケティング手法です。初めて取り組む場合は、運用の知見があるマーケティング会社に委託し、ノウハウを学ぶことから始めることもおすすめの手段です。運用代行を検討される場合、工務店・ハウスメーカーに特化した専門知識があるデジタルマーケティング会社を選ぶことをおすすめします。

 

私たちGluee株式会社は、設計事務所であるフリーダムアーキテクツデザインのマーケティング部から独立した、住宅業界専門のマーケティング会社です。リスティング広告に関して自社内での実施が難しい場合や、運用してみてお困りの内容がある場合は一度ご相談いただければ、貴社の状況に合わせた解決策を丁寧に提案させていただきます。

 

 

リスティング広告を効果的に活用し、資料請求や来場予約に繋げましょう

リスティング広告はユーザーが検索したタイミングで検索結果に表示される広告のため、ニーズが高いユーザーにリアルタイムでアプローチができます。適切な検索キーワードに広告を配信することができれば、即効性の高いマーケティング手法として活用できますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせはこちらまで。

サービス詳細

お問い合わせ

資料DL「脱ポータル!自社サイト集客の理由とその方法」