Gluee株式会社による住宅・不動産業界特化のWEBマーケティング情報メディア

Gmag

2021.07.29

集客ノウハウ

リマーケティングとリターゲティングの違いは?住宅会社が活用するメリットやコツを解説

リマーケティングというマーケティング用語を耳にする機会はあるものの、その仕組みや活用メリットがいまいちわからない方は多いのではないでしょうか。

 

ここでは住宅会社でリマーケティングを活用するメリットや、運用のコツについて詳しく紹介します。

リマーケティングとは?

リマーケティングとは運用型広告のひとつで、過去に自社サイトに訪問したユーザーに再度広告を表示しコンバージョンへの誘導やサイトへの再訪問を促すための広告を指します。

 

 

リマーケティングとリターゲティングの違い

リマーケティングに似た言葉として「リターゲティング」がありますが、メディアごとに名称が異なるだけで基本的な仕組みはどちらも同じ広告です。

 

例えば、Google 広告ではリマーケティングと呼ばれており、Yahoo!広告ではサイトリターゲティングという名称が使われています。本記事では統一して「リマーケティング」と記載します。

 

 

リマーケティングの仕組み

リマーケティングは自社サイトに訪問したユーザーに対して個別の「Cookie(クッキー)」という判別データを付与することで、別のサイトを閲覧した際に付与したCookieを持っているユーザーに対して広告を表示する仕組みです。自社サイトに訪れたユーザーにCookieを付与するためには、自社サイト内や通常の広告に「リマーケティングタグ」というものを設置することで付与できます。

Cookieは自社サイトを訪問したユーザーのブラウザ情報を一時的に保管しておく仕組みになっており、リマーケティングは「このCookieを持っているユーザー(ブラウザ)に広告を配信する」という指定をかけて配信します。

 

 

ハウスメーカー・工務店がリマーケティングを活用するメリット

 

ハウスメーカーや工務店でもリマーケティングを活用すれば、見込み顧客に対して来場予約の訴求や資料請求などへの誘導を効率的に実施できます。ここでは住宅会社がリマーケティングを利用することで得られるメリットを紹介します。

 

 

見込み客へ再度アプローチができる

リマーケティングはリマーケティング以外のWeb広告からの流入や、自然検索からの流入で自社サイトに一度訪問したことがあるユーザーに配信できるので、自社のサービスに興味がある可能性の高いユーザーに再度アプローチできるメリットがあります。

 

 

広告の接触回数を増やすことで認知度向上を狙える

リマーケティングは特定のユーザー(ブラウザ)を指定して広告を配信できるため、必然的に1人のユーザーへの広告表示回数が増えます。ユーザー視点で考えると、自社広告が何度も表示される結果になりますので、自社サービスへの認知度の向上を狙えます。

 

 

問い合わせや資料請求につながる確率が高い

自社サイトに訪れたことがあるユーザーは、自社サービスに興味を持っていたり他社サービスとの比較検討をしていたりするなど、サービスの利用検討段階(見込み顧客)である可能性が高いユーザーという予想ができます。うまくアプローチをすれば成約につながる確率が高いユーザーに重点的に広告を配信することで、最終的には資料請求や来場予約に繋げられる確率も高まります。

 

 

リマーケティング(リターゲティング)の主な掲載場所

リマーケティングは以下の5つのメディアでの配信が主流です。

 

・Google広告(GDN)
・Yahoo!広告(YDN)
・Facebook広告
・Instagram広告
・LINE広告

 

それぞれの運用型広告の配信方法のひとつとしてリマーケティング(Google以外はリターゲティング)がありますので、管理画面上で配信方法を指定し、リマーケティングタグを自社サイトや広告に設置することで運用できます。

 

 

リマーケティングの種類(Google広告)

 

リマーケティングには、さらに細かい配信種類があります。ここではGoogle広告のリマーケティング種類について紹介します。

 

 

標準のリマーケティング

過去に自社サイトに訪問したユーザーがディスプレイ広告を配信している他のサイトやアプリを閲覧している時に配信できるものです。

 

標準リマーケティングの特徴は、サイトの閲覧履歴のページ単位で配信内容を指定できる点です。例えば、「来場予約ページまでアクセスした後に離脱したユーザー」など成約意向が比較的高いユーザーへピンポイントで配信できるため、効率的にコンバージョンを獲得できます。

 

 

アプリのリマーケティング

自社アプリをリリースしている会社が利用できるリマーケティング機能です。これはAndroidやiOSアプリ内の行動履歴をもとに過去アプリを利用したユーザーへディスプレイ広告を表示できるものです。

 

例えば、ゲームアプリなどで一定期間アプリを起動していないユーザーに対して起動を促す広告をディスプレイ広告で配信するなど、休眠顧客の呼び起こしに活用できます。

 

 

動画リマーケティング

自社でYouTube チャンネルを開設している場合に利用できるリマーケティング機能です。動画リマーケティングは過去に自社チャンネルの動画を視聴したユーザーに対してディスプレイ広告を配信できるもので、利用するためには自社のYouTubeアカウントとGoogle広告アカウントを連携する必要があります。

 

 

Google アナリティクスのリマーケティング

Googleアナリティクスの計測データを基にリマーケティングを配信できる機能です。Googleアナリティクスと連携することで、リマーケティングタグだけでは得られない滞在時間や自社サイトへの訪問回数などのセグメントをリマーケティングに設定できる点が特徴です。

 

 

顧客の連絡先情報にもとづくリマーケティング

自社で所有している見込み顧客や既存顧客の個人情報を暗号化した状態でGoogleへ共有することで、そのデータをもとにリマーケティングができる機能です。個人情報はメールアドレスや電話番号、住所などを指します。

 

この機能では既存顧客への再アプローチや、既存顧客に似たユーザーへ拡張して広告を配信することも可能です。

 

 

検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)

検索連動型広告(リスティング広告)の応用型として活用できるリマーケティングです。これは、リスティング広告のキャンペーンや広告グループにユーザーリストを紐付けることで、指定したユーザーに対してのみ広告文を出し分けるなどのコントロールができるものです。

 

 

動的リマーケティング

自社サイトや自社アプリに訪問したユーザーの行動履歴に合わせて、最適な広告クリエイティブをGoogleが自動的に生成し表示する機能です。例えば、ユーザーが過去に見た物件事例などを広告のクリエイティブとして利用されるため、ユーザーの好みに合わせた広告クリエイティブを個別配信でき、コンバージョン効果が高まるという特徴があります。

 

 

リマーケティングを効果的に配信するコツ

 

リマーケティングは配信設定をするユーザーリストや、広告クリエイティブにより効果が大きく変わる運用型広告です。ここでは、初めてリスティング広告を行う場合に押さえておきたい基本的なポイントについて紹介します。

 

配信リストの精度を上げる

リマーケティングを設定するユーザーリストは流入経路や離脱ポイントなどで成約確度を予想し、その確度に合わせてリストを分けることで効果が高まります。

 

例えば、自社サイトの事例ページで離脱したユーザーと来場予約ページで離脱したユーザーでは、来場予約ページで離脱したユーザーの方が成約確度が高いためこの2人のユーザーリストは別のリストとして管理をする必要があります。取得できるユーザーデータに応じて、適切な広告クリエイティブを表示できるようリストを分けることは大切です。

 

 

リマーケティング用のクリエイティブを用意する

リマーケティングは、流入経路が通常のディスプレイ広告や検索広告の場合もあります。これらのユーザーに対してリマーケティングした場合に、以前クリックしたものと同じ広告クリエイティブを配信するのは最善とは言えないでしょう。

 

このようなことがないように、リマーケティングは通常の広告クリエイティブと分けて用意することをおすすめします。

 

 

問い合わせ・資料請求をしたユーザーは除外する

リマーケティングリストからは、問い合わせや資料請求などコンバージョンをしたユーザーは定期的に除外処理を行いましょう。すでにコンバージョンしたユーザーのリストが入っていると、リストの精度が下がり期待する効果が得られない場合があります。

 

運用する際には、週に1度などの頻度で定期的にリスト精査を行うことで継続的な成果を得られやすくなります。

 

 

住宅会社のリマーケティングの運用代行はGlueeにお任せください

ハウスメーカーや工務店のリマーケティングは専門知識を持ったWebマーケティング支援会社であるGluee株式会社がおすすめです。

 

私たちGluee株式会社は、年間棟数400棟の設計事務所フリーダムアーキテクツデザインのマーケティング部から独立した、住宅業界専門のマーケティング支援会社です。業界特化のノウハウを駆使してリマーケティングも行わせていただいております。お困りの内容がある場合は一度ご相談いただければ、貴社の状況に合わせた解決策を丁寧に提案させていただきます。

 

 

リマーケティングで効率的な顧客獲得を狙いましょう

リマーケティングは見込み顧客への再アプローチや既存顧客へのリピート促進など、コンバージョン誘導を行う上で効果的な運用型広告です。より成果を上げるためにはリストの精査や広告クリエイティブの工夫、細かな運用改善が必要不可欠ですので、初めて自社で実践する場合には専門知識を持ったGluee株式会社への委託を是非ご検討ください。

 

お問い合わせはこちらまで。

サービス詳細

お問い合わせ

資料DL「脱ポータル!自社サイト集客の理由とその方法」