Gluee株式会社による住宅・不動産業界特化のWEBマーケティング情報メディア

Gmag

2021.09.02

集客ノウハウ

ランディングページとは?工務店・ハウスメーカーが活用するメリットと作り方のコツを紹介

今回は工務店・ハウスメーカーがランディングページを活用するメリットと作り方のコツを紹介していきます。 是非参考にしていただき、売上アップにお役立てください。

ランディングページ(ランディングページ)とはユーザーが最初にアクセスするページ

まずはランディングページについて説明します。 ランディングページ(Landing Page)は、検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことです。略してLPと呼ばれています。和訳すると「着地ページ」となり、イメージしやすいでしょう。

 

しかし、上記の定義は広義のランディングページを指します。少し理解しづらいかもしれませんが、ランディングページには「広義のランディングページ」と「狭義のランディングページ」が存在します。webマーケティングにおいては主に「狭義のランディングページ」の意味で使用され、訪問者に何らかのアクション(コンバージョン)をさせるために特化した縦長の1枚のページを意味します。

 

イメージしにくい場合は、Yahoo!JAPANのトップページに掲載されている広告をクリックしてみてください。遷移された先がランディングページというページになります。

 

 

ランディングページの役割

 

ランディングページは重要な役割を持っています。企業はどのような目的でランディングページを作成するのか見ていきましょう。

 

 

特定のサービスに対する理解を深める

ランディングページは特定のサービスに対する理解を深める役割を持っています。 1つの商品やサービス専用のランディングページを作成することで、企業の戦略通りにサービスの魅力をユーザに訴求することができます。

 

一方で複数のページやリンクから構成されているHPは、ユーザーによってサイト内の移動先が異なり、ある1つのサービスの魅力をユーザーに伝えきれない可能性があります。

 

 

広告配信して、コンバージョンに結びつける

ランディングページは流入したユーザーを「購入」「お問い合わせ」「資料請求」などのコンバージョンに結びつける役割を持ち、ランディングページ作成の最大の目的となります。

 

ランディングページはWeb広告から流入を稼ぐには相性が良いとされており、広告の遷移先に使用されることが多いです。ランディングページの効果を最大限に発揮するためには、広告とランディングページの内容や訴求点を一致している必要があります。一方、不一致はユーザーの離脱率上昇の原因となりますので注意しましょう。

 

 

ランディングページの特徴

 

ランディングページの役割は分かりましたでしょうか?次にランディングページの特徴を説明していきます。

 

 

縦長1ページで構成されている

ランディングページは縦長1ページで構成されています。ランディングページは流入からコンバージョンまで、このページのみで行えるように作られています。テレビの通販番組や営業のセールストークを1つのページで行っているようなイメージです。

 

 

他ページへのリンクが少ない

ランディングページはコンバージョンに特化していることが通常なので、コンバージョンに繋がらないボタンやリンクを全て削除しています。これは、コンバージョン率を高めるために、ユーザーの回遊性を悪くし直帰率を下げるためです。

 

コンバージョンに繋がらないページ(例:会社理念、採用情報)に移動してほしくない

→コンバージョンに繋がらないページへのリンクを設けない

 

と考えると分かりやすいでしょう。

 

 

訴求サービスに関する情報が網羅されている

ユーザーに訴求したいサービスの概要やメリットなどの情報を網羅的に説明しユーザの興味を引き、コンバージョンに繋げるようなページを作成することが一般的です。ランディングページはコンバージョンに繋げることを一番の目的としているため、ユーザーに訴求しようとしているサービス以外の情報は紹介しません。

 

 

印象に残るキャッチコピーとデザインで制作されている

ランディングページはユーザーの興味をひいて、コンバージョンに繋げる役割を担っているため、印象に残るキャッチコピーとデザインで作られています。スムーズにページをスクロールしてもらうためにテキストより画像が多く使用されることも特徴と言えます。チラシのような広告らしいデザインになっています。

 

また、通常のHPには存在するサイドメニューやヘッター・フッターなどのレイアウト制限がランディングページにはありませんので、自由度が高いページを作ることができます。

 

 

ランディングページのメリット

ランディングページのメリットについて説明いたします。 HPとランディングページを比較することで、メリットが分かってきますので、HPと比較しながら読んでみましょう。

 

 

コンバージョンに結びつけやすい

ここの部分不要と考えます。ランディングページのメリットがコンバージョン率の高さで、それがなぜかというものを説明するパートだから。

 

 

伝えたい要素を全て盛り込める

HPでは回遊性を高めるために様々な情報が複数のページに渡って説明されています。これにはユーザーが自由にサイト内を回遊し、情報を手に入れられるという利点があります。一方、ユーザーが必要な情報を見つけられなかったり、十分に興味を持つ前に離脱してしまう欠点もあります。

 

コンバージョンに繋げるためには商品の魅力を最大限訴求しなければなりません。ランディングページはユーザーにとって必要な情報すべてが1ページに盛り込んであります。画面移動をすることなく、1ページをスクロールだけですので、ユーザーは必然的に商品への理解度が高くなり、コンバージョン率が高まります。

 

 

企業側の意図する流れで情報を届けられる

コンバージョン率を高めるためには、適切な順番で情報を説明することが重要となってきます。 HPではユーザーの流入元やページ移動の順番が自由であるため、企業が伝えたい情報を適切な順番で説明することができません。効果的でない順番で情報を得たユーザーは「あまり魅力的でないな」と判断し離脱する可能性があります。

 

一方ランディングページは、優秀な営業トークの流れの通りに構成することができます。ユーザーは縦長のページをスクロールしながら上から順に読んでいきますので、企業の意図する流れで情報を効果的にユーザーに訴求できます。

 

 

ページ回遊による離脱が少ない

HPは関連ページやバナーボタンなどの内部リンクを多く設置し、ユーザーを他ページへ回遊させることが一般的です。しかし、ユーザーによって回遊の順番は異なり、企業の意図する通りに回遊してくれるとは限りません。また、ページ移動のたびに30%程度のユーザーが離脱するとも言われ、コンバージョンに到達するユーザーは一握りになってしまいます。

 

それと比較すると、ランディングページは他ページへのリンクが少ないか設置しないので、ページ移動による離脱を防ぐことができます。したがって、HPと比較してランディングページはコンバージョン率が高くなります。

 

 

ランディングページのデメリット

万能に見えるランディングページにもデメリットは存在します。これから説明することを覚えておきましょう。

 

 

SEOの観点では弱い

ランディングページはユーザを引きつけることが求められるため、印象を与えるようなビジュアルが必要となってきます。そのために、文字の画像化をすることが多くなります。しかし、クローラーは画像を読み取ることができないので、ユーザーのニーズを満たせないページだと判断されます。また、内部リンクの数も極力減らしています。この2点からSEOの観点で見た場合デメリットになります。

 

 

直帰率が高い

ランディングページの大きなデメリットとして直帰率が高いことが挙げられます。ランディングページはコンバージョンという目的に特化したページですから、内部リンクを極力なくしています。その分訪問者の回遊性が極端に低いため、直帰率が高まります。また、興味がない場合、途中で飽きてしまった場合も離脱するため、直帰率を上げる原因となります。

 

 

効果が出るランディングページの作り方のコツ

 

ランディングページの作り方にはコツがあります。コンバージョン率を高めるためのコツを6つ紹介します。

 

 

ワイヤーフレームを作成し全体イメージを把握する

まずランディングページを作る目的と流入してほしい顧客像、つまりターゲットを定めます。ランディングページの目的とターゲットを定める理由は、それによってランディングページの打ち出し方や訴求方法、デザインが変わるためです。

 

目的例:
商品購入、資料請求、メルマガ登録、会員登録

 

ターゲット例:
20代の男性、高齢者、大学生、東京在住

 

この後にワイヤーフレームを作成し全体イメージを把握します。ワイヤーフレームとは、ランディングページの構成案として大枠を決めたものです。ランディングページの内容だけでなく、構成も同じくらい重要です。ワイヤーフレームには、「どこに」「どのように」「何を」配置するのかをまとめます。

 

基本的なランディングページの構成は以下となります。
・ファーストビュー
キャッチコピー、メインビジュアル、権威付け
・ボディコピー
サービス説明、利用者の声、証拠
・クロージング
よくある質問、フォーム

 

 

ファーストビューで顧客の心をつかむ

ファーストビューとは、ランディングページに流入してきたユーザーが最初に見るランディングページ上部を指します。ランディングページでコンバージョンまで繋げるためには、いかに離脱率を抑えるかが大切です。

 

ユーザーはファーストビューを見て「3秒」でそのページを見るか離脱するかどうか判断していると言われています。その数秒でユーザーの心を掴むために、ファーストビュー内のキャッチコピー、メイン画像、コンバージョンボタンをしっかり検討し、一目で魅力を伝える必要があります。そう考えると、ファーストビューは最も重要な要素の一つと言えるでしょう。

 

 

顧客視点での魅力を伝える

ユーザーは何を求めて商品やサービスに興味を持ち、購入・利用するのかをユーザー視点でしっかり分析し把握しましょう。ユーザーは商品の特徴ではなく商品を買って得られる利益(ベネフィット)を求めて購入します。ランディングページでは、購入することでユーザーが得られる利益を確実に訴求しましょう。その上根拠となる特徴や性能を説明するとコンバージョン率が高まります。

 

 

コンバージョンボタンは目立つサイズで複数設置する

ユーザーを逃さないためには、ランディングページを見ていて「面白そう」「興味あるかも」と思った瞬間にアクションを起こしてもらうことが重要です。そのためには、スクロールしてコンバージョンボタンを探すことや、他ページに遷移させるなどの手間を可能な限り少なくすると良いでしょう。

 

コンバージョンに繋がりそうなユーザが「少ないアクション」でコンバージョンボタンを見つけられるように、サイズや色を工夫して目立たせたり、複数のコンバージョンボタンを設置したりしましょう。ランディングページ内に申し込みフォームを設置し、ランディングページ内で完結できるようにすることも良いでしょう。

 

 

スマホ版のレイアウトも作る

今日スマートフォンからのサイトアクセスが7割を占めると言われ、スマートフォンに対応しているランディングページを作ることが必須となりました。ランディングページがスマートフォンに対応していない場合、文字が小さく読みづらい、操作性が悪いという問題が発生し、ユーザーの離脱率が高くなってしまいます。

 

スマートフォン対応の方法としては主に2つあります。レスポンシブデザインか、別途スマートフォン用ページを作成することです。レスポンシブデザインとはHTMLとCSSの記述によってデザインを変更させる方法で、パソコンとスマホのURLが同じであるため管理が楽です。Googleも推奨している方法になります。

 

しかし、レスポンシブデザインはテキストベースのHPには向いてるものの、画像ベースのランディングページには向かない場合があります。その場合は、パソコン用とスマートフォン用の2種類のランディングページを作成することをお勧めします。URLと内容を別々に作ることになりますが、ユーザーのデバイスごとに、ユーザビリティを高められることができます。

 

 

Googleアナリティクスやヒートマップなどの解析ツールで効果測定をする

ランディングページ公開後、Googleアナリティクスやヒートマップなどの解析ツールで効果測定を行いましょう。ユーザーが離脱している部分やユーザーのサイト内行動を把握し、分析することでランディングページをより効率的に改善することができます。 分析・改善するには、少なくとも1,000~3,000セッション前後の流入数が必要と言われています。

 

また、公開から2週間たった段階でも行ってもいいでしょう。PDCAを回すときは、ABテストも行うことをお勧めします。ABテストは、2パターンの表現を用意し、ユーザーの反応の違いを確認するものです。

 

このようにツールを用いて効果検証し、ランディングページをより効果的なものに改善し続けることは重要です。

 

 

工務店・住宅会社のランディングページ作成や改善はGlueeがおすすめ

ランディングページに関して外部委託を検討される場合、工務店・住宅会社に特化した専門知識があるデジタルマーケティング会社を選ぶことをおすすめします。

 

私たちGluee株式会社は、設計事務所であるフリーダムアーキテクツデザインのマーケティング部から独立した、住宅業界専門のマーケティング会社です。ランディングページ作成・改善、効果測定など、自社内での実施が難しい場合や、運用してみてお困りの内容がある場合は一度ご相談いただければ、貴社の状況に合わせた解決策を丁寧に提案させていただきます。

 

 

Glueeのランディングページ作成事例

株式会社ビルドアートでは、Facebook広告とランディングページを組み合わせた施策を行いました。ランディングページ制作中は導線改善したHPの実例ページ遷移へさせていましたが、ランディングページができ次第遷移先を変えました。その年の自社サイトによる資料獲得単価は、ポータルサイト集客と比較して約1/4にもなりましたその他の施策も寄与していますが、中でもFacebook広告とランディングページのWeb集客施策は大きな成果をあげました。

 

▼顧客事例を読む
脱ポータル!自社サイト集客で「資料請求単価1/4!」神奈川県地場の工務店様のWEB集客成功事例 

 

 

ランディングページを活用してコンバージョンを高めましょう

ランディングページのメリットや作るコツは理解できましたでしょうか。WEB広告からランディングページにユーザーを遷移させコンバージョンを目指すという一連の流れは、顧客獲得の上で大きな効果を発揮します。また、ランディングページは作って終わりではなく、より多くのコンバージョンを獲得するために効果測定、分析、改善のサイクルを行い続けましょう。

 

お問い合わせはこちらまで。

サービス詳細

お問い合わせ

資料DL「脱ポータル!自社サイト集客の理由とその方法」