Gluee株式会社による住宅・不動産業界特化のWEBマーケティング情報メディア

Gmag

2021.09.28

集客ノウハウ

Instagram広告の基本と出し方を徹底解説!住宅会社が利用する際のコツも紹介

インスタグラム広告

Web広告の中でも近年注目を集めているSNS広告の中のひとつに「Instagram広告」があります。

 

Instagram広告はInstagramを利用しているユーザーに対して広告を配信できる機能です。

 

ここでは、Instagram広告の特徴や広告の出稿方法をはじめとして、住宅会社がInstagram広告を利用する際のポイントについても紹介します。

Instagram広告の基本と媒体特性

Instagram広告の基本と媒体特性_画像

 

Instagram広告の具体的な運用方法などを理解するためには、Instagram広告についての概要を知ることから始めましょう。

 

また、広告が表示されるInstagramというアプリ自体の特徴やアプリを利用しているユーザー層についても紹介します。

 

 

Instagram広告とは

Instagram広告とは、写真共有SNSであるInstagramに画像や動画を使った広告を配信できるものです。

 

Instagram広告はユーザーの投稿と同じ表示フォーマットで広告が表示されるため、ユーザー体験を邪魔することなく自然な流れで広告が閲覧されます。

 

また、Instagram広告はFacebook広告と同じプラットフォームから配信される点も特徴のひとつです。

 

 

Instagramの媒体特性

Instagramは写真や動画をメインに共有するSNSアプリです。

 

月間のアクティブユーザーはユーザーは2019年6月時点で3,300万人を突破しており、利用者の多さが伺えます。

 

ユーザー層は10代が20代が最も多く64%の人が利用していますが、10代〜60代まで広い世代に利用されています。

 

また、男女比では女性43.8%、男性31.9%と女性の利用率が高いアプリです。

 

 

Instagramは写真や動画が主体のアプリであることから、「インスタ映え」という言葉も有名です。

 

これは、Instagramに投稿した際に見栄えが良いことを指す言葉であり、日常生活を見栄え良くInstagramに積極的に投稿する若者が多い点も特徴です。

 

また、Instagramではハッシュタグ(#)を利用した検索機能があり、ハッシュタグを通じて興味のあるジャンルの画像や動画を検索できます。

 

 

Instagram広告を運用するメリット

Instagram広告を運用するメリット_画像

 

Instagramの特徴を理解した上で、Instagram広告を運用するメリットについて見ていきましょう。

 

 

精度の高いターゲティングが可能

InstagramはFacebook傘下のアプリのため、Facebook上のユーザーデータをターゲティングに利用することができます。

 

Facebookは匿名性が低く、職業やライフステージなど精度の高いデータが蓄積されています。

 

これらのユーザーデータをInstagramの広告を配信する際に利用できるのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

具体的なターゲティング設定には、性別、年齢、職業、居住地域、趣味(興味関心)、結婚有無、子供の有無などがあります。

 

また、自社で取得していたデータを活用できる「カスタムオーディエンス」やそれらのデータから似たユーザーに拡張して配信できる「類似オーディエンス」の機能もあり、ターゲティング設定の選択肢が多いこともメリットです。

 

 

掲載できる広告フォーマットが豊富

Instagram広告は広告のフォーマットやオプション機能が豊富なため、自社の商品やサービスに合わせて適切な広告を配信できます。

 

例えばECサイトの訴求であれば、商品画像をフィードに広告配信する際にショッピング機能を追加することで、スムーズにECサイトへの誘導ができます。

 

具体的な広告の配信面は後からの章で詳しく解説します。

 

 

低予算でも出稿が可能

Instagram広告は1日の予算を最低1ドル(105円〜110円程度)から設定できます。

 

また、設定した予算分の配信が行われた時点で広告配信は停止されるため予算を上回る心配はなく、掲載期間中に予算を変更することも可能です。

 

そのため、初めは低予算で広告運用を行い成果が出るクリエイティブやターゲティングの研究を行い、勝ちパターンがわかったタイミングで広告予算を増やすなどの戦略が取りやすいでしょう。

 

 

Instagram広告の配信面

Instagram広告の配信面_画像

 

Instagram広告には大きく分けてフィード、ストーリーズ、発見タブの3つの配信面があります。

 

ここではそれぞれアプリ上のどの画面のことを指すかや、各配信面の特徴について詳しく解説します。

 

 

フィード

フィードとは、Instagramのタイムラインを指します。

 

ユーザーがアプリを開いた際に最初に表示される画面で、ユーザーがフォローしている人の投稿が表示されます。

 

フィード_画像

 

フィードは静止画もしくは動画とキャプションで構成されており、上にスワイプすることで次の画像が表示される仕組みです。

 

フィード上のInstagram広告は、ユーザー投稿と同じフォーマットでユーザー投稿の間に表示されるため、自然な流れで広告を閲覧させることができます。

 

 

ストーリーズ

ストーリーズは静止画もしくは動画が全画面で表示される配信面です。

 

一般ユーザーが投稿した内容は24時間のみ表示され、その後はアーカイブが残らないことが特徴です。

 

ストーリーズでInstagram広告はフィードと同様、ユーザー投稿の間に表示されます。

 

さらに、全画面で広告が表示されるためインパクトが大きくブランディング訴求に効果があるとされています。

 

ストーリーズ_画像

 

ストーリーズは日本のユーザーに人気が高い機能で、1日のアクティブユーザーのうち70%がストーリーズを利用しています。

 

そのため、広告の閲覧率も高くなる傾向があり、ユーザー投稿だけでなく広告の配信先としても人気のある配信面です。

 

 

発見タブ

発見タブはまだフォローしていないユーザーの投稿が表示されている画面で、ハッシュタグやキーワードで自分に興味のあるジャンルの投稿を検索することも可能です。

 

発見タブでのInstagram広告はユーザー投稿の間に表示され、見た目はフィードと同様です。

 

発見タブ_画像

 

発見タブで表示される広告は、ユーザーが探しているキーワードや興味に近い広告が配信される仕組みになっています。

 

そのため、新規顧客の獲得に有効性があるとされています。

 

 

Instagram広告のクリエイティブフォーマット

インスタグラム広告の基本的なフォーマットは「静止画」と「動画」の2種類です。

 

この2つの基本フォーマットを応用する形で様々な機能を利用できます。

 

 

静止画(写真)

静止画のクリエイティブはInstagram広告の中で最もシンプルな広告フォーマットです。

 

また、Instagramのユーザー投稿でも最も多く利用されているため、ユーザーからしても馴染みがありストレスを感じにくい広告です。

 

広告形式は横型と正方形のいずれかを選択でき、配信面はフィード、ストーリーズ、発見タブの全てで利用可能です。

 

 

動画

動画広告は最大120秒で音を乗せて配信できる広告フォーマットです。

 

配信面はフィード、ストーリーズ、発見タブの全てで利用可能です。

 

静止画に比べ、音と動きが加わることでより多い情報をユーザーに伝えることができます。

 

 

カルーセル

複数の静止画や動画を1度の投稿で表示させるものです。

 

表示された広告のクリエイティブ部分を横にスワイプすることで複数のクリエイティブが見られる仕組みです。

 

配信面はフィードとストーリーズで利用が可能です。

 

 

コレクション広告

コレクション広告はカタログ形式で商品を紹介できる広告フォーマットです。

 

メイン画像(動画)の下に商品画像が表示され、商品画像をタップすると商品名や金額の一覧が表示される仕組みです。

 

さらに、コレクション広告で表示された商品をタップするとECサイトへの遷移ができるため、商品の購入までスムーズに誘導することができます。

 

配信面はフィードでのみ利用可能です。

 

 

ショッピング広告

ショッピング広告はフィードでのみ利用できるオプション機能です。

 

広告で配信したクリエイティブにある商品にショッピングタグを付け、タップするとECサイトへ遷移される仕組みです。

 

 

アンケート広告

アンケート広告はストーリーズでのみ利用できるオプション機能です。

 

広告クリエイティブの中でユーザーにアンケートを表示し、あらかじめ用意した選択肢のどちらかをユーザーにタップしてもらえるものです。

 

双方向性のある広告のため、ユーザーとのコミュニケーションを取ることによるエンゲージメントの向上が狙えます。

 

 

ブランドコンテンツ広告

Instagramでフォロワー数の多いインフルエンサーの投稿を企業の広告として利用できるものです。

 

インフルエンサーが投稿した企業PRをインフルエンサーのフォロワーへも届けることができ、広告としても配信できるためエンゲージメント効果が高い広告です。

 

 

Instagram広告のターゲティング種類

 

Instagramには基本的な「性別、年齢、地域、興味関心」といったユーザー情報でのターゲティングに加え、2種類のターゲティング方法が用意されています。

 

より具体的なターゲティグを行いたい場合や、自社のユーザーリストを利用してターゲティング設定をしたい場合に活用できる機能です。

 

 

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスでは、自社で保有しているユーザーデータもしくはFacebookのデータを利用したターゲティング設定ができます。

 

カスタムオーディエンスは基本のターゲティング設定だけではターゲットを絞りきれない場合や、自社保有もしくはFacebook側でのユーザーデータが蓄積されている場合に有効です。

 

 

自社データを利用する場合には、顧客の電話番号もしくはメールアドレスをまとめたリストとアクティビティデータを用意する必要があります。

 

アクティビティデータとはWebサイトへの訪問情報や、オフライン活動で取得した店舗来店情報などが利用できます。

 

Facebookデータを利用する場合には、過去にFacebookもしくはInstagramで自社の投稿やプロフィールにアクセスしたなど、何らかの接点を持つユーザーをターゲティングできます。

 

 

類似オーディエンス

類似オーディエンスはカスタムオーディエンスで設定したユーザーリストを読み取り、リストにはいない類似ユーザーにも配信できるものです。

 

カスタムオーディエンスのリストだけでは配信数が少ない場合に有効です。

 

また、類似率は1%〜10%の範囲で任意に設定することができ、小さい値であればあるほど類似率が高いユーザーへ配信を拡張できます。

 

 

Instagram広告の配信方法

 

ここからは、実際にInstagram広告を配信するにあたって必要な手順を解説します。

 

 

出稿前の準備

Instagram広告の配信には以下が必要です。

 

Instagram広告はFacebookの広告マネージャー上で配信設定を行うため、Facebookアカウントも必要です。

 

用意が漏れてしまいやすい部分ですので注意しましょう。

 

 

・Instagramアカウント

・Instagram広告配信用の画像

・動画

・Facebookアカウント

・支払い用クレジットカード

 

 

InstagramアカウントとFacebookアカウントを連携する

上記の準備が整ったら、InstagramアカウントとFacebookアカウントを連携しましょう。

 

連携はどちらのSNSからでも可能です。

 

 

・Instagramから設定する場合

1.Instagramアプリを開き、プロフィール画面の右上にある3本線のマークをタップする

2.表示された画面から歯車の「設定」をタップする

3.アカウントセンターをタップ、同期したいFacebookアカウントを選択・追加する

 

 

・Facebookから設定する場合

1.Facebookを開き、設定ページにアクセスする

2.メニュー欄にある「Instagram」をクリックする

3.連携したいInstagramアカウントにログインする

 

 

Facebook広告マネージャーアカウントを作成する

次に、Facebook広告マネージャーアカウントを作成します。

 

InstagramはFacebook傘下のサービスのため、Instagram広告の配信設定はこのアカウントページで行います。

 

 

1.Facebook広告マネージャーにアクセスする

2.画面右上の「アカウントを作成」をクリック

3.ポップアップで出てくる入力画面に必要情報(会社名、氏名、メールアドレス)を入力

 

Facebook広告マネージャーアカウント画面

 

これでInstagram広告を配信するための準備が整いました。

 

以降の作業はFacebook広告マネージャーの画面上で行います。

 

 

キャンペーンを作成する

まずは広告キャンペーンを作成します。

 

Facebook 広告マネージャの設定画面左上の3つの線のボタンから、「広告マネージャー」を選択しましょう。

 

広告マネージャー画面が表示されたら、左側にある「+作成」をクリックします。

 

その後は画面の案内に沿ってキャンペーンの目的や種類、1日の予算などを設定していきます。

 

キャンペーンの種類は多くどれが最適化悩む場合は、以下の表を参考にして選択するといいでしょう。

 

目的 概要 概要
認知 ブランド認知度 アップ 広告からブランドを覚える見込みが高いユーザーに表示する
リーチ できる限り多くの人に広告を配信する
検討 トラフィック 自社サイト、自社アプリ、Facebookのイベントなど設定した外部のリンク先に誘導する
エンゲージメント ページに対するコメントや「いいね!」などユーザーからの反応を重視する
アプリのインストール アプリダウンロードをする見込みが高い人に広告を表示する
動画の再生数アップ 動画広告の再生率が高いユーザーに表示する
リード獲得 ビジネスやブランドのリード獲得の効果を重視する
メッセージ MessengerやInstagramダイレクトメッセージなどで反応できるユーザーに広告を表示する
コンバージョン コンバージョン 設定したコンバージョンポイント(購入など)のアクションを起こす可能性が高いユーザーへ広告を表示する
カタログ販売 カタログのアイテムを含む広告を表示する
来店数の増加 実店舗への来店見込みが高いユーザーへ、近隣エリアにいるときに広告を表示する

 

 

広告セットを作成する

キャンペーンを作成したら、広告セットを作成します。

 

広告セットではキャンペーンで選択した目的に応じて細かな設定を行います。

 

例えばトラフィックを選択した場合はトラフィックを増やしたい場所(自社サイト、アプリ、メッセンジャー)の選択が必要です。

 

その他にもターゲティング設定や予算の日程などをここでは設定します。

 

最も重要なのが配置の設定です。配置の設定とは配信したいプラットフォームを選択する項目なので、Instagram広告のみにチェックをつける必要があります。

 

 

クリエイティブを設定する

広告クリエイティブの設定では、まず最初に広告に表示する広告主名、配信するInstagramアカウント、広告フォーマットを選びます。

 

基本情報の設定が完了したら、クリエイティブの詳細を設定していきましょう。

 

広告を配信する際のクリエイティブの種類(静止画か動画)とリンク先および配信面を選択します。

 

また、CTR(タップを促す文言)もここで選択します。

 

クリエイティブの設定画面では右側にプレビューが表示されますので、どのように表示されるか確認しながら設定を進めていくことができます。

 

 

支払い方法を設定する

クリエイティブの設定が完了したら、支払い情報を入力する画面に移ります。

 

必要情報を入力したら、「公開する」というボタンをクリックすることで設定した広告が審査中という表示に切り替わります。

 

審査が無事承認されれば、設定した配信日から広告の配信が開始されます。

 

 

住宅会社がInstagram広告を運用する際のポイント

住宅会社がInstagram広告を運用する際のポイント_画像

 

ハウスメーカー・工務店とInstagram広告は相性がいい施策とされています。

 

理由は施工事例など実際の建物の写真を最大限活用できるため、住宅会社の強みがユーザーに伝わりやすいからです。

 

また利用者が女性が多いことから、住まいのデザインや間取りにこだわる可能性の高い主婦層に訴求しやすい点も魅力のひとつと言えるでしょう。

 

ここでは住宅会社がInstagram広告を運用する際に押さえておきたいポイントについてまとめています。

 

 

写真にこだわったクリエイティブを入稿する

Instagram広告で効果を上げるために最も重要なのが、クリエイティブの質です。

 

「インスタ映え」という言葉が以前流行語大賞に選ばれた通り、Instagramは魅力的な写真であることが最も重要です。

 

そのため、写真や動画の内容が魅力的でないとユーザーは興味を示さず、すぐに別の投稿へ移ってしまいます。

 

施工事例や内装の写真などをクリエイティブとして利用する場合は、できる限り魅力的に映る写真や動画を用意しましょう。

 

 

住宅購入後の生活や経験をイメージさせる

ユーザー自身が住宅購入後の生活をイメージできる広告であることも大切です。

 

例えば戸建てを購入したら週末は中庭でバーベキューができる、広いキッチンで思う存分料理ができるなど、購入後の生活がリアルにイメージできる画像を設定するのも効果的でしょう。

 

外装の魅力から内装での生活イメージまで1つの広告で見せたい場合は、カルーセル機能を利用して複数枚の画像を設定するといいでしょう。

 

 

ターゲットに合わせた訴求文章を作成する

フィードと発見タブでの広告配信では、写真や動画に加えて広告文を表示させることができます。

 

この際に工夫したいのが、ターゲットに合わせて文章の内容や言い回しを変えることです。

 

 

例えば住宅購入を検討しているご家族の奥様をターゲットとした場合、スペックや設備の魅力よりも過去に施工したお客様の声や戸建て生活の魅力などを訴求した方が効果が高いでしょう。

 

また、魅力ポイントもガレージなどよりもキッチンや掃除のしやすさなどの方が興味がある可能性が高いです。

 

このように、設定したターゲットに合わせて訴求文章を工夫することでよりエンゲージメントやコンバージョンの効果が期待できるでしょう。

 

 

Instagram広告の運用は代行会社への委託も選択肢のひとつ

Instagram広告は写真や動画を最大限活用して企業や商品のブランド認知や商品の購入に繋げられる広告媒体です。

 

継続的な成果を出すためには、PDCAを回し自社の成果が上がるポイント「勝ちパターン」を確立していくことが大切です。

 

ただ、初めて運用する場合にはなかなか成果を上げるコツや改善ポイントに悩む場合もあるでしょう。

 

このような場合は、Webマーケティングやデジタル広告を専門に扱っている運用代行会社へ委託することも検討するといいでしょう。

 

 

ハウスメーカー・工務店の運用代行はGlueeがおすすめ

ハウスメーカー・工務店のマーケティング施策として、Instagram広告を活用する場合がぜひGluee株式会社へご相談ください。

 

Gluee株式会社は年間棟数約400棟の設計事務所フリーダムアーキテクツデザインのマーケティング部から独立した、住宅会社専門のマーケティング会社です。

 

Instagram広告を試してみたいけど、自社でのリソースがない場合や、運用方法に不安がある場合など状況に合わせた最適なご提案をいたします。

 

 

お問い合わせはこちらまで。

サービス詳細
お問い合わせ
資料DL「脱ポータル!自社サイト集客の理由とその方法」